新着情報Information

『名刺』は、なぜ「名」を「刺」と書くのか・・・・・?

2021/12/16 木曜日

ビジネスに欠かせないのが「名刺」ですよね。

 

初めて名刺が使用されたのは、古代の中国からだと言われているそうです。

 

中国での唐の時代、訪問先が不在の時に自分の名前を書いた

竹でできた札を、訪問先の家の戸口に刺して訪問した事を知らせていたそうなんです。

そして、この竹の札の事を名前を刺す事から「」と呼んでいたそうな説があるそうで・・・・・

日本では、この名刺のような物が使用されるようになったのは、

一体いつ頃からだと思いますか (・・?

実は、江戸時代の頃だったようで当時は、和紙に墨で名前を書いた物を

やはり訪問先が不在の時に訪問した事を知らせる為に使用していたそうです。

 

で、中国の「」から自分の名前を書いた紙を「名刺」と呼ぶように

なったんですって Σ(・□・;)

 

1984年に発掘された三国時代の武将で朱然(しゅぜん)さん ⁉

のお墓から竹の札が見つかったそうで、この竹の札が

なんと!最古の「名刺」と言われているんだそうです。