新着情報Information

3時に食べるのに、なぜ「おやつ」?

2021/12/22 水曜日

現在、日本の習慣では間食、いわゆる「おやつ時間」は午後の3時前後が

一般的ですよね  (^^)

 

お茶やコーヒーなどの飲料と共に、

お菓子や果物、軽食などを楽しむ ⁉ 事を

「いっぷく」とか「おやつ」とか「3時のおやつ」などと呼びますが・・・・・

 

「おやつ」はもともと「お八つ (おやつ) 」と書くのが正式らしく、

なぜ午後3時に食べるのに「八」が使われているのでしょうか (・・?

実は、江戸時代の習慣が元になっているみたいなんです。

「お八つ」の「やつ」は江戸時代の「八つ刻」の事のようで、

これは現代で言えば、午後2時から午後4時の間を指すそうなんです。

 

現在では朝・昼・晩の1日3食が主流ですが、

食事自体が朝と晩の1日2食しかなかった江戸時代では、

農民達が体力を維持する為に、八つ刻に休憩をとり

間食をしていたんだそうです。

また庶民も1日2食しかなかったので八つ刻には、

小腹がすいて、お菓子や握り飯、お団子 etc の軽食を食べていたそうです。

 

八つ刻に食べていたので「お八つ (おやつ) 」と言うようになったのが、

現在の「おやつ」として引き継がれていると言う事みたいです  (>_<)  

クッキーとお茶の写真