新着情報Information

ミカンは逆立ちさせると長持ちする ‼

2021/12/27 月曜日

こたつに入ってテレビを見ながら、

ミカンを手に取り、1つむき2つむき・・・・・。

” 正しい日本の冬の過ごし方 (⁉) ” のようですが (>_<)

 

所でこのミカン、お盆にたくさん積んでおいて上から食べていくと、

最後の方が傷んでいたり、味が悪くなっていたりしませんか ???

ミカンは、収穫後も呼吸し生きている果物。

室温が高いと酸味が飛んでしまい、ぼやけた味になってしまうのは

良く知られている事ですよね。

しかし、この場合の味の低下は、何も温度だけの問題ではありません。

置き方にも問題があるようなのです。

 

まず、ミカン収穫後も続くという『呼吸』を第一に考えてみましょう (^^♪

 

箱でミカンを買ってきた時など、窮屈な箱入りのままでは、呼吸困難になってしまいます

一度、ミカンを箱から出して伸び伸びさせてあげてから、並べ替えましょう。

ミカンを積む際、へたを上にして積んではいませんか  (・・?

実は、そんな置き方がミカンにとっては大変なストレスになっているんだとか・・・・・

ミカンのへた側より、反対側の置き方の方が果皮がやわらかい為なんです。

柔らかい所に重さがかかって、下の方からギブアップ!と言う訳でして。

これを解決するのは簡単な事で、硬い果皮の方でストレスを

受け止めてやるようにすればいいのです。

ミカンは、是非へたを下にして、逆立ちさせておいてあげましょう !!

長持ちしますよ  !(^^)!