新着情報Information

木に結ぶ『おみくじ』その後の行方は・・・・・。

2021/12/28 火曜日

初詣・・・

皆さんは、どちらにお参りに行かれるのでしょうか (・・?

 

神社に行くと、必ずお参りした後に「おみくじ」を引いて、

運だめし ⁉ する人って多いかと思いますが・・・・・

そして、ひいた「おみくじ」を神社の境内の木に結んで来るという方も

多いのではないでしょうか ⁉

生命力の強い木の枝に結ぶ事で、木に宿る神様と縁を結ぶ事が出来て

運気が上昇すると言われているからなのでしょうか・・・・・

 

さて、神社に結んで来た「おみくじ」のその後って、どうなると思いますか (・・?

 

結びっぱなしだと木が「おみくじ」だらけでいっぱいになり

木の成長にとっても、よろしくないだろうし  (>_<)

なので、結びっぱなしと言う訳ではなさそうだし・・・・・

 

調べてみたら、神社側で定期的に集めて “ お焚き上げ ” という儀式をして

すべての「おみくじ」を燃やしているんだそうです。

そして、集める際に1つ大変困る事があるらしいんです。

それは、わざと高い場所に「おみくじ」を結ぶ人が一定数ですが、

いつも決まっているようなのです・・・・・

他人の手の届かない所に結んでおきたいのか、

やたら高い場所に結ぶ人がいるようで、そのような「おみくじ」を

集めるのは、毎回とても一苦労なんだそうです。

 

集める神社の方の為に、普通の高さに「おみくじ」を結んで

あげた方がいいのかも ( ^ω^)ですね。