新着情報Information

公衆電話は最長で、何時間通話する事が出来る?

2022/1/25 火曜日

携帯電話の普及に伴って、街からすっかりと

姿を消してしまった公衆電話。

災害や誘拐事件などの影響で、公衆電話の必要性が

現在では、また見直されつつあるみたいですが・・・・・

 

公衆電話は家庭用の電話機や携帯電話とは違って

硬貨を入れて話す必要がある以上、

コインボックスの容量に限界があるんだとか (・□・;)

コインボックスの容量は公開されていませんが、

ある検証結果によると、100円硬貨が1100枚程入ると

言われているそうなんです!

電話をかける先によって、通話時間が異なりますが、

最も安い方法では、およそ3分間の通話が可能のようで、

1つの公衆電話で、つまり3300分なんですって !!

コインボックスが空なのであれば3300分ということは、

55時間もの長電話が可能な計算になります。

 

現代の子供達の中には、公衆電話の使い方が分からない子も

沢山いるようで・・・・・

まさに我が息子も使い方が分からなかった一人なんですが (^^)

3年程前の話なんですが、どのように使用するのか、

息子の後側で黙って観察 ⁉ していたら、

まず、受話器もとらずに最初にダイヤルを押してからお金を投入・・・・・

ってな感じでした。

 

緊急時には、携帯電話よりも公衆電話の方が繋がりやすくなると

耳にした事があります。

緊急時に備えて、ぜひ改めて『公衆電話の使い方』を

見直ししてみるのもいいのかも知れませんね(^ω^)